看護部紹介

段階的にスキルアップ。独自の院内教育研修プログラム

看護部教育のベースとなる“クリニカルラダー”。これは、看護師に必要な知識と技術を数段階に分け、段階ごとに明確な目標を掲げてスキルを習得していく教育システムのことです。当院の看護師は、クリニカルラダーに沿って必要な研修を選択・受講。その都度、目標を達成していくことで看護師本人の満足度が向上し、より一層、前向きな気持ちで看護能力を高めていくことができます。

すでに11名が取得。毎年、認定看護師取得者が続々誕生!

認定看護師とは、日本看護協会が実務経験5年以上の看護師を対象に実施している資格制度のこと。1996年に始まり、現在は21の認定分野があります。この認定看護師の資格を取得するには、半年の認定看護師教育課程を修了し、認定審査に合格する必要があります。当院では、半年の教育課程を出張扱いにするなど、可能な限りのサポートを行っています。現在、登録済みの認定看護師は11名。感染管理、皮膚・排泄ケア、訪問看護、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、救急看護、摂食・嚥下障害、不妊症看護と、幅広い領域を網羅しています。これからも認定看護師の取得をめざす看護師を、全面的に応援していきます。


step1-新人|目標|・専門職業人としての自覚をもつことができる・根拠を明確にし、基本的な看護技術を実践できる|研修目的|・配属部署における基本的看護に必要な知識・技術を習得し、正しく看護が実践できる・患者のニーズを理解し、個々のニーズに応じた看護が実践できる・担当看護師としての役割を理解し、支援を受けて看護を実践できる 矢印 step2-2年目|目標|・自己の看護行為に価値を見出し、主体的に看護が実践できる・看護に必要な知識を習得し、知識に裏付けられた正しい技術を実践できる|研修目的|・理論に裏付けされたケアプランを立案し実践・評価できる・担当看護師として担当患者の看護に責任を持てる 矢印 step3-3、4年目|目標|・自己の看護観をもち表現できる・チームリーダーとしてのリーダーシップが発揮できる・後輩の指導ができる・配属部署において専門的看護が実践できる・適切な看護判断ができる・自己の看護観に沿って看護が実践できる・プリセプターとして後輩指導ができる 矢印 step4-5、6年目|目標|・看護の課題を見出し探求できる・問題解決に関して優先順位を考えて対応できる・後輩の看護モデルになることができる|研修目的|・患者・家族に対して、配属部署における専門的知識に基づいた指導ができる・患者の理解と患者家族との良好な人間関係が確立できる・後輩・看護学生のレベルに合わせ、適切な指導ができる 矢印 step5-7年目以降|目標|・専門分野に精通し、創造性のある看護を提供できる・看護チームの中でリーダーシップを発揮できる・医療チームの連帯・調整ができる|研修目的(|・あらゆる看護場面で発生する問題の解決ができる・研究の成果を発表し、看護実践に生かすことができる

看護教育プログラム カリキュラム

  • 災害看護
  • 看護研究発表会
  • ケースレポート発表会
  • リーダー研修Ⅰ
  • リーダー研修Ⅱ
  • コーチング・ファシリテーションによるコミュニケーション
  • がん化学療法
  • 退院支援
  • フィジカルアセスメント
  • 看護記録 記録を監査しよう
  • 救急看護
  • 看護過程論理的思考
  • 感染看護
  • 皮膚、排泄ケア、スキンケア
  • がん性疼痛
  • 摂食・嚥下障害
  • プリセプターフォローアップ
  • プリセプター準備
  • 新人フォローアップ