看護部紹介

当院看護の特徴

特徴1:ケアにもキュアにも向き合うため、看護配置7:1

疾患の処置に限らず、患者さんの心の痛みも受け止めながらベッドサイドケアを行っていく――千葉メディカルセンターの看護は、患者さんという人間そのものと向き合う“ヒューマンファースト”に特徴があります。看護配置は7:1。どの病棟でも十分な看護師を配置することで、日々の看護の充実化はもちろん、有給や産休・育休なども取りやすい環境を実現しています。加えて、全職種が集まるモーニングミーティングを定期的に行うなど、職種の垣根を越えた交流も活発です。看護師は他部門の職員と力を合わせて、日々、患者さんの回復に向けて全力を投じています。

特徴2:二次救急から訪問看護まで対応できる、看護提供システム

チーム医療を核としたプライマリーナーシングが、千葉メディカルセンターが提供する看護の最大の特徴です。二次救急医療に対応しているほか、リハビリテーション部や訪問看護ステーションを有しているので、救急患者さんの受け入れから治療、機能回復、日常生活に復帰以降のサポートなど、一貫して看ることができます。各病棟では、看護師が責任をもって患者さんを受け持ち、やさしくあたたかな看護を実践しています。

看護部概要

看護部組織

内科・消化器内科

一般内科、呼吸器、内分泌、代謝、膠源病、消化器などの疾患を10年以上のキャリアを持つ臨床経験豊かな専門医が診察を行っています。

神経内科

脳血管障害から髄膜炎、パーキンソン病等の神経難病の他、内科疾患に伴う神経障害まで広範に診療を行っています。

外科・消化器外科

一般外科、乳腺外科、消化器外科を中心に幅広い疾患の診療を行っています。

整形外科

脊椎、脊髄、関節等の疾患などすべての分野をカバー。スポーツ整形外科の実績も豊富です。

循環器内科

狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患を中心として、循環器疾患の精査、治療を行っています。早急な検査および治療を要する症例に対応する為、24時間365日の救急対応をしています。

心臓血管外科

心臓疾患、静脈疾患、動脈疾患などを主に扱います。疾患の特性上緊急性の高い症例が多く、患者さんの受け入れや緊急手術についても対応しています。

脳神経外科

頭痛一般、脳腫瘍、脳血管障害など脳外科全般を網羅。脳梗塞超急性期のTPA治療も行っています。

産婦人科

お産、内視鏡手術、不妊治療まで専門的かつ一貫した治療を行っています。

小児科

小児感染症を中心に一般小児診療を行っており、地域のクリニックや診療所とも連携し入院治療に必要な高度な検査や診療も行っています。

眼下

白内障の手術および入院にも対応。緑内障、糖尿病性網膜症等のレーザー治療、外眼部疾患の診断・加療も行っています。

泌尿器科

尿路悪性腫瘍、副腎腫瘍、前立腺肥大等の他に男性不妊治療などの診療も産婦人科と連携し診療にあたっています。

形成・美容外科

腫瘍、難治性潰瘍、下肢静脈瘤、褥瘡、小児疾患まで皮膚疾患の診療を行っています。

歯科・歯科口腔平外科

内科・外科的基礎疾患を有する患者さんの歯科全般を診療。埋伏歯(親知らず)や炎症等の顎・口腔領域から歯科インプラントまで広範な診療にあたっています。

麻酔科

麻酔科認定病院となっており、年間およそ1700症例の麻酔科管理手術を行っています。

皮膚科

湿疹、水虫、じんましん、皮膚感染症などの一般皮膚疾患の診療を行っています。

その他の診療科

●耳鼻いんこう科 ●リハビリテーション科
●病理診断科 ●放射線科