スポーツ医学センター

すべてのアスリートのために。

 当センターはスポーツ傷害の治療、予防を目的に1981年に日本で2番目にスポーツ外来を開設し、現在まで数多くのスポーツで怪我をした方々の治療実績があります。 学校体育、部活、レクリエーションレベル、全日本クラスなどスポーツレベルの多様性、またスポーツ種目の特殊性を考えて、早期スポーツ復帰を目的に、リハビリテーション部門と連携をとりながらその人のニーズに応じた治療に努めております。

※スポーツ傷害…スポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害(スポーツ障害)の総称です。

詳しくは「スポーツ医学センターサイト」にてご案内しています。ぜひご覧ください。

スポーツ医学センターの特徴

  • 国内有数の治療実績 スポーツ傷害の中で、前十字靱帯損傷、半月板損傷、反復性肩関節脱臼、腱板損傷、野球による肘の障害などに対する手術件数は国内でも有数の治療実績を誇っています。いずれも関節鏡を使った最小侵襲の手術を行っており、その治療成績も良好です。
  • 幅広いスポーツレベルに合わせて治療 学校体育や部活から全日本クラスまでのスポーツレベル、幅広いスポーツ種目の障害にリハビリテーション科と連携をとりそれぞれのレベルに合わせスポーツ復帰に向けた治療を行っております。
    特にトップレベルのスポーツ現場に帯同経験がある医師が在籍しており、個々の選手のニーズを理解し、それぞれの選手に応じた治療法の選択や相談ができます。
  • スポーツ医学勉強会 学校体育や部活から全日本クラスまでのスポーツレベル、幅広いスポーツ種目の障害にリハビリテーション科と連携をとりそれぞれのレベルに合わせスポーツ復帰に向けた治療を行っております。
    特にトップレベルのスポーツ現場に帯同経験がある医師が在籍しており、個々の選手のニーズを理解し、それぞれの選手に応じた治療法の選択や相談ができます。
  • リハビリテーション科との連携 それぞれのレベルに合わせスポーツ復帰に向けた治療を行い、経験豊富な理学療法士がリハビリテーションを担当し、スポーツ復帰のお手伝いをしております。