体外受精の費用

体外受精・顕微授精
(税込価格)  
体外受精 採卵(静脈麻酔なし)
110,000円
精子処理
44,000円
培養(胚盤胞培養代含む)
44,000円
胚移植
60,500円
合計
258,500円
顕微授精 採卵(静脈麻酔なし)
110,000円
精子処理
44,000円
培養(胚盤胞培養代含む)
44,000円
顕微授精
55,000円
胚移植
60,500円
合計
313,500円
上記費用の他に、再診料、超音波、薬剤、検査代、注射代等がかかります。
  • 採卵に関し静脈麻酔をする場合には別途22,000円(税込)がかかります。
  • 採卵当日、排卵していて採卵がキャンセルの場合 22,000円(税込)となります。
  • 採卵は行ったが、卵が1個も採取できない場合、採卵(静脈麻酔なし)110,000円ではなく、38,500円(税込)となります。
  • 受精卵が得られず胚移植又は全凍結がキャンセルとなった場合は精子処理、培養代はかかりません。


オプション
(税込価格)  
アシステッドハッチング
22,000円
カルシウムイオノフォア
13,200円


融解胚移植
(税込価格)  
融解胚移植 融解手技料
33,000円
胚移植
60,500円
合計
93,500円
2段階胚移植 (1日目) 融解手技料
33,000円
胚移植
60,500円
(2日目) 融解手技料
33,000円
胚移植
27,500円
合計
154,000円
SEET法 胚培養液凍結料
11,000円
(1日目) SEET法(胚培養液注入)
16,500円
(2日目) 融解手技料
33,000円
胚移植
60,500円
合計
121,000円
ST法 (1日目) ST法(培養液注入)
3,300円
(2日目) 融解手技料
33,000円
胚移植
60,500円
合計
96,800円
上記費用の他に、再診料、超音波、薬剤、検査代、注射代等がかかります。

凍結保存費用
(税込価格)  
全凍結・余剰胚凍結 凍結手技料(1日あたり)
22,000円
初期保存費用(採卵周期ごと最初の1年間)
11,000円
合計
33,000円
※同日に5個以上凍結した場合は追加凍結手技料11,000円(税込)が別途かかります。
精子凍結 凍結手技料(1日あたり)
22,000円
初期保存費用(採卵周期ごと最初の1年間)
11,000円
合計
33,000円
凍結更新料 1年間、個数制限なし ※
22,000円

※凍結延長についてのご注意
  • 採卵周期ごとに更新料が必要となります。
  • 当院からの凍結延長についての連絡はしておりません。
  • ご自身で凍結保存期間を確認し、凍結延長ご希望の方は期限内に来院して手続きをしてください。
  • 破棄を希望される場合も破棄の手続きが必要です。


自己注射
(税込価格)  
自己注射指導および消耗品代
(自己注射初回のみ 1時間の指導)
3,300円
自己注射消耗品(1周期あたり)
2,200円


体外受精の検査・薬剤費用

超音波・検査
(税込価格)  
再診料
869円
超音波(1回)
1,100円
エストラジオール採血(1回)
4,400円
血算(1回)
1,100円
プロゲステロン採血(1回)
2,200円
妊娠判定(1回)
2,200円


薬剤
排卵抑制剤
点鼻薬
ブセレキュア(約2週間分)
9,900円
注射
ガニレスト(1本)
8,250円

排卵誘発剤
内服薬
クロミッド(1錠)
220円
フェマーラ(1錠)
660円
注射
HMGフェリング150単位(1アンプル)
1,980円
HMGフェリング75単位(1アンプル)
1,650円
HMGテイゾー150単位(1アンプル)
1,980円
HMGテイゾー75単位(1アンプル)
1,650円

HCG製剤
注射
ゴナトロピン5000単位(1アンプル)
1,100円
ゴナトロピン3000単位(1アンプル)
880円

黄体ホルモン製剤
膣錠
ルティナス(1錠)
495円
注射
プロゲホルモン(1アンプル)
440円

卵胞ホルモン製剤
貼付剤
エストラーナテープ(1枚)
143円


体外受精で用いるお薬・検査について

 体外受精で処方するお薬には処方料、調剤料はかかりません。 薬剤情報提供料として別途110円(税込)がかかる場合があります。検査での血液採取料、検査加算、判断料などもかかりません。 上記の費用のみとなります。注射薬は病院で注射される場合のみ手技料として別途220円(税込)がかかります。